• 株式会社ReAct 編集部

  • 横井 大樹

  • 役職:課長補佐

「編集」という業種がカッコよかった

ReActに就職しようと思ったのは、凄く簡単に言ってしまうと、「編集」という業種がカッコよかったからです笑
地方で編集業を探そうと思ってもなかなか見つからないですし、”編集業の経験不問”という事も志望するキッカケになりました。
ただ、実際に応募される方にもよく間違えられるのですが、弊社の「編集」という職種は一般的な編集とは一味違います。
編集と聞くと、事務所内でWEBと雑誌の記事を書く仕事…と捉えられがちですが、弊社の場合は外に出てクライアントと直接会い、当サイト内での目立ち方、反響の上げ方を提案する仕事となります。いわゆる、コンサルティングというものです。
営業職と似て非なるものですが 「どうしたらユーザーがもっと利用したくなるか?」 「どのコンテンツを注目させたいのか?」 「情報が探しづらくないか?押しづらくはないか?」 など適切なコンテンツ配置、適正なアクセス分配を考え、クライアントに提案する事が主な仕事となります。
昔ながらの編集…をイメージしていると入社後にギャップがあるはず。 WEB業界に携わりたい、WEBの知識を学びたい、とにかくネットサーフィンが好きだ!なんて方に向いている業種だと思いますよ。

北信越全体の編集クオリティ向上が自分の目標であり、会社からも求められている事

現在は大手クライアントを中心としたコンサルティング、管理職として他編集スタッフをまとめる事が主な仕事です。
今まで自分が培ってきた知識、経験を各スタッフへ伝え、北信越全体の編集クオリティ向上が自分の目標であり、会社からも求められている事ですね。
県やエリアで一つのユニットを組むのが弊社の運営方法なので、その各ユニットが取り組んでいる業務の軌道修正を行い、より良いものに昇華出来るようアドバイスも行っています。

この業界をリードする存在になる事が僕個人の夢ですね。

当グループとしての運営方法、方向性、社内規定も変わりましたが、クライアントの反響値を上げるという編集部の大目標は変わっていません。
「クライアントの反響値を上げ、会社の利益に編集部としてどう貢献していか」を考え、実行していく事が部署としての目標です。
部署としての成果を上げていく中でその功績を認めてもらい、社外社内から信頼を得る。 その積み重ねで課長、次長、部長といった重要な役職を与えてもらう事、常に会社の中心にいて欲しいと思われる事、この業界をリードする存在になる事が僕個人の夢ですね。